2004年06月26日

朝まで生テレビ

久々にに見てしまった。

テーマは皇室。
女性天皇、今後の皇室はどうあるべきか。
勉強になりました。
要は、猪瀬さんが言っていた、
「今の宮内庁に、プロデューサーがいない」って意見が
全てなんでしょうね。

もうひとつ。
自民党が女性天皇の実現に向けての行動を起こさないのは
(これしか現状打破する方法はないのだけど)
この問題以降、夫婦別姓、同性婚、シングルマザーってものに
扉を開くことになり、それが自民の保守層には耐えられない、
って一面もあるそうです。

なるほど。

天皇制の問題はかつてこの番組では、
制度そのものの是非を討論していたけど
さすがに今回は反対派は、社民、共産の衰退に伴い
出席さえしてなくてスムーズでした。

僕の天皇観ってのは、
昔この番組に出演し、それをきっかけに本を読んだ
西部すすむさんの意見のうけうりです。
今回のパネラーには西部チルドレンみたいな人が
多かったんで、勉強になりました。
皮肉なことに「女性天皇」を語る女性が全然駄目。

□民主党の元NHK女性アナウンサー出身者
 もうアナウンサー根性がしみつき、意見てのは
 完全に一般論。
 それでいて人のいったことをまとめるって以外に
 発言内容なし。
 こんなレベル低いの?って感じ。
 おたかさんブームなら社民党、民主ブームなら民主
 って感じ。

□関西ローカルお笑いタレント
 遥洋子って言う人なんだけど、本人としては失敗だろうな、
 出演。もう悲惨、可哀想。
 意見のベースは
 *女性の地位はもっと上がるべき。 
  男の半歩後ろを、なんて許せない
 *女の幸せはけっこんだけじゃないのよ!
 
 このプリンシパルでは太刀打ちできるはずも無く、
 浮いてました。
 てか馬鹿にされてた。
 所詮は@関西でAお笑い人の中で、頭よさげに見えるだけの
 「タレント」でした。

□国際ジャーナリスト(自称)
 何故か昔からちょこちょこ出てくる人。
 ただし言ってることは大して面白くないって人なんだけど
 それでも昔はどんどん前に出る、ってタイプだったんですけど
 今回は発言も少なめ、言葉もはっきりせず、泣く2秒前って
 感じ。どうしたんでしょう??


田原さんが言っていたけど、戦後の民主主義とか教育とか
家族、右肩上がりの成長って価値が全部崩れている、
って意見、激しく同意。

一貫して民主主義の怪しさを説いて来た西部さんの
本でも読み返してみます。
(気分で意見がころころ変わる「愚衆」の民主主義なんて
意味がない、と。僕は間違いなく愚衆・・・)
posted by bing at 13:22| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/245199
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

THE BLUE HEARTS
Excerpt:  いろいろ絡み合っての上なんだけど。  ひとつ、河原町のOPAのバーゲンに行って
Weblog: 一輪庵
Tracked: 2004-06-30 01:27
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。